『慈悲の瞑想:慈しみの心』

 ≪新刊のお知らせ≫

 

自分への思いやりから広がる、他者・社会へのやさしい気持ち。

おだやかに明るく生きるための、心を育てる瞑想ガイド。

『慈悲の瞑想:慈しみの心』バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ著/出村佳子訳(春秋社)が発売されました。

限りなくやさしい慈しみの心が、たくさんの方の心に届きますように……

 

f:id:yoshiko-demura:20180722153208j:plain

  

 
 
 
目 次
 
 はじめに
 
 第1章  慈しみは人の自然な心

 2章  慈悲の瞑想 
  • 「私」への慈しみ
  • 「私の親しい人」への慈しみ
  • 「好きでも嫌いでもない中立的な人」への慈しみ
  • 「私の嫌いな人・私を嫌っている人」への慈しみ
  • 「生きとし生けるもの」への慈しみ
 
 第3章  慈しみを育てる8つの方法

 第4章  穏やかにすごす練習 

 第5章  慈しみを行動に

 第6章  慈悲の11の利益

 第7章  無条件の慈しみ――母の愛

 第8章  怒りを乗り越える
  • 「忍耐」と「気づき」と「慈しみ」

 第9章  慈しみにつづいて慈悲から
  • 「ヴィパッサナー」へ
  •  清らかな善行為
  • 「いまできること」から
 
 第10章 煩悩の火を消す

 第11章 リラックスとゆるし
 第12章 慈しみの社会

 第13章 『慈経』――慈しみの教え

 第14章 慈しみのはたらき

 第15章 エコロジーと慈しみ

 第16章 慈しみで生きる7つのヒント

 第17章 慈悲と八正道

 第18章 慈悲の瞑想の3つの段階:「言葉」「思考」「心」

 第19章 和合に導く6つの法

 第20章 慈しみの心で「聞く」「話す」「行動する」
 
 付 

  実践1 ブッダが説く「慈しみの教え」
  • 『慈悲の利益の経』Metta Nisamsa Sutta
  • 『慈経』(Karaniya Metta Sutta)
 
  実践2 慈悲の瞑想
     
      一般的なやり方
      慈悲の瞑想①
      慈悲の瞑想②
      慈悲の瞑想③
      慈悲の瞑想④
 
  訳者あとがき
 

 

 
生きとし生けるものが幸せでありますように